開催レポート

< 開催レポート一覧

20210519-01「訪問施術で役立つ姿勢・動作リハビリⅢ」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 T先生

今回の講義内容:「訪問施術で役立つ姿勢・動作リハビリⅢ」 2021年5月19日
講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 T先生

今回も、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「理学療法WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
T先生、分かり易く熱意あるご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png


【1】 サービス開始までの流れ
【2】 ADLとIADL
【3】 動作観察(評価)
【4】 動作観察(評価)2
【5】 座位 Sitting position
【6】 そもそも座位能力はどう判断する?
【7】 Hoffer 座位能力分類
【8】 座位の重要性
【9】 覚醒と座位
【10】 覚醒と座位 2
【11】 筋肉の動き

【12】 拘縮と座位
【13】 Question
【14】 座位を取ると?
【15】 関節可動域練習による拘縮改善も重要なツール
【16】 ではこのようなタイプの方々はどうしますか?
【17】 筋力と座位
【18】 座位のリスク
【19】 座位により・・・
【20】 例えば
【21】 座位とADL
【22】 排泄と座位-排泄メカニズム-
【23】 排泄と座位-排泄メカニズム- 2
【24】 排泄と座位-排泄メカニズム- 3
【25】 排泄と仰臥位
【26】 この強力な腹圧を獲得するためには
【27】 食事と座位
【28】 第1相:
【29】 第2相:
【30】 食事と座位-咀嚼・嚥下メカニズム-
【31】 咀嚼
【32】 食事と座位-咀嚼・嚥下メカニズム- 2
【33】 端座位獲得のため何を実践されていますか?
【34】 座位に必要な身体機能
【35】 アプローチの実際
【36】 寝返り動作の第1相
【37】 寝返り動作の第1相 2
【38】 寝返り動作の第2相
【39】 寝返り動作の第2相 2
【40】 内腹斜筋
【41】 外腹斜筋
【42】 寝返り動作の第3相
【43】 寝返り動作の第3相 2


PT_2021_0519_top-1.png


【1】   サービス開始までの流れ

   1.医療情報・既往歴・現病歴の確認

   2.問診

   3.動作レベル確認(能力障害の程度確認)

   4.機能レベル確認(機能障害の程度確認)

   5.統合と解釈(障害構造の整理)

   6.リハ実施(即時効果の確認)

   7.治療効果の考察
     (即時効果が得られた項目と得られなかった項目)

   8.目標設定(予後予測)

   9.ケアマネ・家族に報告し理解を得る


【2】

PT_2021_0519-02.png

【3】   動作観察(評価)

   視診

   ・左右の非対称性や努力性などをみる。

   ・全体の様子を簡単にまとめる。

  
   ポイント!

   全体を見て

   どの部位が筋緊張が高いか低いか予測する


【4】   動作観察(評価)2

   動かしてみる

    身体を揺らし、その部位がどのように揺れるか、

    または揺れが起こらないということを把握する

    強く揺れる場合は身体の連結が弱まっていることがわかり、

    揺れが起こらない場合は身体の連結が強まっていることがわかる

【5】

PT_2021_0519-05.png


【6】

PT_2021_0519-06.png

【7】   Hoffer 座位能力分類

   1:手の支持なしで座位保持可能
     (端座位にて手の支持なしで30秒間座位保持が可能な状態)

   2:手の支持で座位可能
     (身体を支えるため、両手または片手で座面を支持して30秒間座位保持可能な状態)

   3:座位不能
     (両手または片手で座面を支持しても、座位姿勢を保持できず倒れていく状態)


【8】   座位の重要性


      覚醒と座位

      拘縮と座位
 
      筋力と座位

      座位のリスク

【9】   覚醒と座位

    覚醒を高める神経機構

      →上行性脳幹網様体賦活系

    脳幹網様体

     ヒトの目覚め(覚醒)の中枢

     この組織の活動が盛んになり、神経発射が多くなると覚醒する

【10】   覚醒と座位 2

   *ポイント*

    脳幹網様体を目覚めさせる刺激はどこから入る?

    最も影響を及ぼすのは【       】

    収縮に伴う刺激が全て脳幹網様体にいく

【11】   筋肉の動き

    立っている時はどの筋肉が働く?

    座っている時はどの筋肉が働く?

    立位より座位の方が眠りに入りやすい

    寝ている時よりは座位の方が目覚めていやすい


     活動する筋肉の総量が異なるため


【次回に続く】

問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。