開催レポート

< 開催レポート一覧

20200812-01 「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回の講義内容:「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」 2020年8月12日
講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回も、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「理学療法WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
竹内先生、分かり易く熱意あるご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次

1 リハビリテーションの考え
2 理学療法評価の対象
3 機能障害(impairment)
4 能力低下(disability)
5 社会的不利(handicap)
6 理学療法評価
7 理学療法評価の対象について
8 標準的な評価の先には?
9 1-情報の入手
10 症状に影響を与えているファクターは・・・
11 2-統合と解釈
12 3-治療方針の仮説を立てる
13 4-治療(検証作業)
14 5-再評価(検証作業の解釈)
15 6-治療方針の立案

16 障害構造の階層
17 抑えてもらいたいポイント〜HOPEとNEED〜
18 なぜわたしたちは動ける?
19 皆さまの対象者はなぜ動けない?
20 状態を良くするには
21 廃用症候群の方をイメージしてください
22 ADL獲得の流れ
23 寝返り動作 Roll over
24 動作を見る上で重要な視点
25 身体各部の重量比と身体重心
26 動作を見る上で重要な視点
27 動作を見る上で重要な視点 2
28 動作を見る上で重要な視点 3
29 支持基底面と重心
30 支持基底面と重心 2
31 支持基底面と重心 3
32 安定性まとめ
33 動作観察(評価)
34 動作観察(評価)2
35 動作観察(評価)3
36 動作観察(評価)4
37 動作観察(評価)5
38 動作観察(評価)6
39 動作観察(評価)7
40 良い寝返り動作
41 寝返り動作パターン
42 寝返り動作の相分け
43 寝返り動作の相分け 2
44 どちらが容易に寝返り可能?
45 寝返り動作を実行する重要なポイント
46 寝返り動作を実行するための戦略は?
47 観察のポイントは?
48 寝返り動作の第1相 頸部の動きと肩甲帯の前方突出とリーチが起きるまで
49 頸部をわずかに屈曲・回旋させることで、体幹前面の筋が緊張し、体幹と骨盤を連結することによって、
 その後の動作が容易となる
50 寝返り動作の第2相
51 寝返り動作の第2相 2
52 寝返り動作の第3相
53 寝返り動作の第3相 2
54 寝返り動作分析のまとめ
55 起き上がり動作 Sitting over
56 背臥位〜端座位 起き上がりパターン
57 起き上がり動作の相分け
58 起き上がり動作の第1相
59 起き上がり動作の第1相 2
60 起き上がり動作の第1相 3
61 起き上がり動作の第2相
62 起き上がり動作の第2相 2
63 起き上がり動作分析のまとめ


1 リハビリテーションの考え

  中枢神経疾患であろうと整形外科疾患であろうと、治療という表出(治療)の違いはあるが
 考えは一緒であると思います。
      ↓
  患者、家族はなにを行いたいのか?そして患者、家族のためにPTが考え必要とされることは
 何なのか?それらを統合して何を目標にするか?
      ↓
  必要とされる機能は何なのか?(身体・精神)
      ↓
  その機能が何なのかを掴むためには評価!
      ↓
  得られた評価を基にして実践するのみ(治療)何とか楽に治療を遂行するように心がける。
   自分が楽な治療は患者にとっても最大限の効果が出やすい。

2
繧、繝ゥ繧ケ繝・PT-02.png

3 機能障害(impairment)

  身体的欠損、変形、運動障害

  a.関節可動域測定
  b.筋力検査
  c.片麻痺機能検

4 能力低下(disability)

  日常生活内で示す動作の遂行能力の障害
  
 *日常生活活動の状態によって評価
  a.動作能力評価
  b.歩行能力

5 社会的不利(handicap)

  患者の周囲を取り囲む社会環境によって受ける不利益
  
  a.家族構成
    b.家屋構造

  その他社会生活
  職業
  経済(年金)

6
繧、繝ゥ繧ケ繝・PT-06.png

7
繧、繝ゥ繧ケ繝・PT-07.png

8
繧、繝ゥ繧ケ繝・PT-08.png

9
繧、繝ゥ繧ケ繝・PT-09.png

10 症状に影響を与えているファクターは・・・

  病態が主体

  在 宅 は ??
  →病態以外が主体
  
  家屋環境
  認知症
  低いADLレベル
  家族環境
  問題の複雑化
  利用する制度

11 2-統合と解釈

  5つの情報を"統合""分析"して問題点を探求

  情報を整理し、1つ1つ価値づけを行う


12
繧、繝ゥ繧ケ繝・PT-12.png

13 4-治療(検証作業)

  仮説に対する治療を行う!

  治療手段はなんでもいい

  なぜその治療を行うのか?

14 5-再評価(検証作業の解釈)

  仮説通り良くなったのか?

  仮説とは異なり良くならなかったのか?

  その理由は何なのか?(良くなった理由も)

  治療方針は継続?変更?

15
繧、繝ゥ繧ケ繝・PT-15.png


【次回につづく】
問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。