最新情報

< ニュース一覧

(宮城県、新潟県、長野県、静岡県、京都府、広島県)緊急事態宣言に伴うサービスの一時自粛

ご利用者 各位
お取引先 各位
令和2年4月17日
株式会社ケアプラス
訪問マッサージ まごころベルサービス
代表取締役社長 山下寿朗


緊急事態宣言に伴うサービスの一時自粛について


新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々及びご家族・関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。また、医療従事者の方々はじめ、行政の皆様等、感染防止にご尽力されている方々へ、深く感謝申し上げます。

弊社は「高齢者や障がい者の皆様のより自立した生活と明るい地域・社会作りに貢献する」という使命に基づき、出来る限りの感染予防策を実施しながら、あん摩マッサージ指圧師(以下「施術師」といいます。)による訪問マッサージを継続しておりましたが、この度の緊急事態宣言を受けて、「利用者様の安全」「感染拡大防止への社会的責任(特に医療崩壊の回避に対する理解と協力)」「従業者の安全の確保」を最優先とすべく、サービスを一時自粛させて頂くこととなりました。

●自粛地域:宮城県、新潟県、長野県、静岡県、京都府、広島県
●自粛期間:令和2年4月23日(木) から5月6日(水)まで
※今後の感染拡大状況、政府・自治体からの要請等により、当該期間は変更となる可能性がございます。
※4月17日現在、弊社の施術師で新型コロナウイルス感染者及びPCR検査対象者は発生しておりません。

訪問マッサージ業及び施術業につきましては、政府や自治体から明確な活動自粛要請が出ているものではございません。また、一時サービス休止となることで身体機能の低下が懸念される利用者様、ご連携を頂いている介護医療関係者の皆様のことを鑑みますと、極めて判断が難しい状況にございます。

その一方で、このまま急速な感染拡大が進み医療崩壊が起きた場合には、救急医療の確保が最重要となる高齢者や要介護者が生命の危機に直結しかねないことから、弊社が取るべき行動は、政府の大方針に従ってサービスを自粛し、休業中は不要不急の外出を避け、感染拡大防止のために企業として協力することであるとの判断に至りました。国内の爆発的な感染拡大を回避するために、ゴールデンウィークまでの2週間、人同士の接触を最低70%、極力80%減らすことが重要と政府から発表されたこともあり、以上の対応が、地域社会及び利用者様、従業員にとって有益となり得ると確信しております。一時自粛の終了後は、更なる感染防止策を徹底しながら、身体機能低下が著しい利用者様を優先的に、段階的に、サービスを再開させて頂く予定でおります。

一日も早く新型コロナウイルスの感染拡大が収束し、平穏な日常が戻ることを願いつつ、今回の対応につきまして、何卒ご理解を賜りますよう、切にお願い申し上げます。
以上