開催レポート

< 開催レポート一覧

20210429-01 「廃用症候群と誤嚥性肺炎 誤嚥性肺炎対策としてマッサージ師にできること(第1回)」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 言語聴覚士 S先生

今回の講義内容:「廃用症候群と誤嚥性肺炎 誤嚥性肺炎対策としてマッサージ師にできること(第1回)」 2021年4月29日 
講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 言語聴覚士 S先生

言語聴覚士講師によるWEBセミナー開催で、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「誤嚥対策WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
S先生、とても分かり易いご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次

【1】 近況報告
【2】 今回のメニュー
【3】 1.コロナ禍での活動自粛生活の悪影響
【4】 なぜ高齢者が嚥下障害になりやすいのか
【5】 摂食・嚥下障害の改善方法
【6】 嚥下機能、低下してるかも?

【7】 症例0-1
【8】 症例0-1 80歳 (男性) 自宅 要介護なし
【9】 リハ未介入期間中に脳梗塞再発
【10】 9評価と6評価、質問表の利用方法
【11】 まごころの誤嚥対策プログラム
【12】【基本】まごころ式  誤嚥リスクチェック9評価
【13】 誤嚥対策6評価
【14】「質問シート」
【15】 2.摂食嚥下⑤期モデル
【16】 咽喉(のど)
【17】 正常な嚥下
【18】 誤嚥すると・・?
【19】 不顕性誤嚥
【20】【実習】 嚥下障害、嚥下5期を体感してもらうために
【21】 認知期・準備期・口腔期・咽頭期
【22】 症例A 84歳 (男性) 施設
【23】 症例A 84歳 (男性) 施設  ②
【24】 嚥下の問題点:特にない 
【25】 まごころ誤嚥対策テクニック
【26】 症例B 90歳 (男性) 施設 要介護3
【27】 症例B 90歳 (男性) 施設 要介護3 ②
【28】 嚥下の問題点:開口しない
【29】 認知期の嚥下障害の対応策
【30】【完】ありがとうございました!!!!


    

    まごころ誤嚥対策プロジェクト


      廃用症候群と誤嚥性肺炎

       誤嚥性肺炎対策として
       マッサージ師にできること

         (第1回)

         湘南鎌倉総合病院 言語聴覚士 S先生


【1】   近況報告


    ・ワクチン接種


    ・当院従業員にコロナ感染者が発生

【2】   今回のメニュー

  
    1.コロナ禍での活動自粛生活の悪影響
      症例0-1


    2.嚥下5期+実習


    3.症例紹介 Aさん Bさん

【3】


ST_2021_0429-03.png


【4】   なぜ高齢者が嚥下障害になりやすいのか

     
     ・日常の「あたりまえ」の減少
        ...動く、話す、食べる

     ・持病や免疫力の低下がある


     ・咳嗽力の低下


         嚥下障害は「全身病」
          高齢であることが
          既に嚥下障害のリスクとなる

【5】   摂食・嚥下障害の改善方法


     即時的な方法
     ・食形態、姿勢、食べさせ方を変更、調整する  ⇒ ST


    
     時間がかかる方法
     ・廃用や不使用による筋力低下を改善する    ⇒ 全ての職種(まごごろ施術師)

     予防・改善する方法
     ・免疫力をつける(栄養、運動、睡眠) + 口腔ケア 
     ・しっかり声をだす、呼吸機能の改善をする
     ・咳嗽力をつける

【6】   嚥下機能、低下してるかも?


    POINT!

     ■ 動かない
        運動量の低下 → ADLの低下

     ■ 話さない
        会話の減少  → 声が弱く小さくなった

     ■ 食べない
        食欲の低下  → 痩せてきた

             ↓

         生活不活発病(廃用症候群)
         虚弱(フレイル)
         筋肉量の減少(サルコペニア)

【次回に続く】

問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。