開催レポート

< 開催レポート一覧

20210217-01 「訪問施術で役立つ姿勢・動作リハビリⅠ」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 T先生

今回の講義内容:「訪問施術で役立つ姿勢・動作リハビリⅠ」 2021年2月17日
講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 T先生

今回も、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「理学療法WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
T先生、分かり易く熱意あるご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次
【1】 施術を行う流れ
【2】 ADLとIADL
【3】 動作観察(評価)1
【4】 動作観察(評価)2
【5】 動作観察(評価)3
【6】 動作観察(評価)4
【7】 動作観察(評価)5

【8】 動作観察(評価)6
【9】 動作観察(評価)7
【10】 寝返り動作 Roll Over
【11】 良い寝返り動作
【12】 寝返り動作パターン
【13】 寝返り動作の相分け
【14】 寝返り動作を実行する 重要なポイント
【15】 寝返り動作を実行する ための戦略は?
【16】 観察のポイントは?
【17】 観察のポイントは? 2
【18】 観察のポイントは? 3
【19】 内腹斜筋
【20】 外腹斜筋
【21】 外腹斜筋 2
【22】 寝返り動作分析のまとめ
【23】 脳血管障害患者寝返り動作の特徴
【24】 脳卒中患者の寝返り
【25】 介入ポイント
【26】 寝返り動作能力障害の発生が予想される身体機能障害は?
【27】 理学療法評価の対象
【28】 寝たきりの方への施術

PT_2021_0217_top.png

【1】

PT_2021_0217-01.png

【2】

PT_2021_0217-02.png

【3】   動作観察(評価)1

  視診

  ・左右の非対称性や努力性などをみる


  ・全体の様子を簡単にまとめる

   例)広がって寝ている、窮屈そうなど


   ポイント!

   全体を見てどの部位が筋緊張が高いか低いか予測する


【4】   動作観察(評価)2

  身体分節の方向、身体分節同士の

  位置関係を上下・左右方向でとらえる

  身体を頭頸部・上肢・胸郭・腰椎骨盤帯・下肢の

  5つの分節に分けて観察を行う

【5】

PT_2021_0217-05.png

【6】   動作観察(評価)4

  問診

  ・患者様自身に現在どのように感じるかを聞いてみる

   例)左が重い、右に向いている気がするなどを聴取

              ↓

   これを聞くことで身体をどう知覚しているのか、

   身体分節間の連結をどう認識しているのか確認できる

【7】   動作観察(評価)5

  触診

  ・身体と床の隙間に手を入れることで接地している部位を確認し、

   支持面を作っている部位を把握する

   また支持面を押しつけているのか、それとも崩れているのかを確認する

              ↓

   隙間が多くある場合には筋緊張が高くなっている場合が多い

【次回に続く】

問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。