開催レポート

< 開催レポート一覧

20201118-01 「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回の講義内容:「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」 2020年11月18日
講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回も、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「理学療法WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
竹内先生、分かり易く熱意あるご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次

1 ADL IADL
2 座位
3 座位の重要性
4 覚醒と座位
5 覚醒と座位 2
6 覚醒と座位 3
7 拘縮と座位
8 拘縮

9 筋力と座位
10 座位のリスク
11 座位により
12 例えば
13 排泄と座位
14 排泄と座位 2
15 排泄姿勢と腹圧のメカニズム
16 食事と座位−咀嚼・嚥下メカニズム−
17 第1相:
18 第2相:
19 食事と座位−咀嚼・嚥下メカニズム− 2
20 咀嚼
21 誤嚥
22 チェックポイント〜環境設定〜
23 立ち上がり動作の相分け
24 立ち上がり動作と関節角度
25 立ち上がり動作と筋活動
26 立ち上がり動作と筋活動〜第1相〜
27 立ち上がり動作と筋活動〜第2相〜
28 立ち上がり動作と筋活動〜第3相〜
29 立ち上がりの筋活動
30 座り込みの筋活動
31 動作観察のチェックポイント
32 動作観察のチェックポイント〜第1相〜
33 動作観察のチェックポイント〜第2相〜
34 動作観察のチェックポイント〜第3相〜
35 次回予告


PT_2020_1118-00.png

1
PT_2020_1118-01.png

2
PT_2020_1118-02.png

3 座位の重要性

  覚醒と座位

  拘縮と座位

  筋力と座位 座位のリスク

4 覚醒と座位

  覚醒を高める神経機構

  →上行性脳幹網様体賦活系

  脳幹網様体

  ヒトの目覚め(覚醒)の中枢

  この組織の活動が盛んになり、神経発射が多くなると覚醒する

5 覚醒と座位 2

   *ポイント*

  脳幹網様体を目覚めさせる刺激はどこから入る?

  最も影響を及ぼすのは○○○○

  収縮に伴う刺激が全て 脳幹網様体にいく

6 覚醒と座位 3

  立っている時はどの筋肉が働く?

  座っている時はどの筋肉が働く?

  立位より座位の方が眠りに入りやすい

  寝ている時よりは座位の方が目覚めていやすい

  活動する筋肉の総量が異なるため

7 拘縮と座位

  ・そもそも拘縮ってなに?

  ・動かさないことで発生する関節可動域制限で全身全ての 関節で起こる

    ➡座位をとることが下肢に対して 自然なROM練習となっている。

  ・関節可動域練習による拘縮改善も重要なツール

  ・普段の生活の仕方による関節可動域練習の 提案を見てみませんか?
            ↓
    皆さんで議論してみましょう

8
PT_2020_1118-08.png


【次回に続く】
問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。