開催レポート

< 開催レポート一覧

20200730-01 「廃用症候群と誤嚥性肺炎」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 言語聴覚士 信夫先生

今回の講義内容:「廃用症候群と誤嚥性肺炎」 2020年7月30日
講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 言語聴覚士 信夫先生

言語聴覚士講師によるWEBセミナー開催で、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「誤嚥対策WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
信夫先生、とても分かり易いご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次

1 皆さんの嚥下機能の検査をします!
2 RSST(反復唾液嚥下テスト)
3 講義のテーマ
4 前半:基礎知識
5 1.コロナ禍における廃用症候群と嚥下障害の関連性
6 摂食嚥下障害の二つのタイプ 1
7 摂食嚥下障害の二つのタイプ 2
8 摂食嚥下障害の原因は?
9 嚥下運動に関わる筋
10 高齢者の筋肉量の低下
11 安静臥床による筋力の低下
12 2.誤嚥性肺炎になりやすそうな人
13 誤嚥性肺炎になりやすそうな人詳細とは
14 ①痩せている ➡ 低栄養,サルコペニア
15 サルコペニアの判断基準
16 どうしたらわかるの?

17 3.評価のポイント
18 嚥下何期に問題があるか?
19 RSST(反復唾液嚥下テスト)
20 理想的な食事の姿勢
21 頭部伸展位の影響
22 ■頚部の筋緊張が高い
23 ■声
24 ■呼吸機能・咳嗽力
25 4.嚥下に関する基礎知識
26 ■誤嚥したらどんな症状がでますか?
27 ■嚥下の仕組み
28 正常な嚥下 ⇒ 3つの蓋が閉じます
29 ■誤嚥と誤嚥性肺炎
30 気管侵入=肺炎にならない仕組み
31 ■摂食嚥下5期モデルとは
32 摂食嚥下⑤期モデル
33 ■問題別対策とアプローチ
34 ①食べる前(認知期)に問題がある方への対応
35 ②口の中(準備期・口腔期)に問題があると・・・?
36 ②口の中(準備期・口腔期)に問題がある方への対応
37 ③のどの中(咽頭期)に問題があると・・・?
38 ③のどの中(咽頭期)に問題があるかたへの対応
39 誤嚥性肺炎クイズ(前回実施)
40 質問①
41 質問②
42 質問③
43 質問④
44 質問⑤
45 前回出た質問について
46 後半:実践編
47 A 姿勢の評価と取り組み
48 ■不良姿勢の影響
49 嚥下機能をアップするのは難しい・・
50 嚥下の土台にアプローチしよう!
51 「起立-着席運動」のススメ
52 なぜ「起立-着席訓練」で嚥下改善?
53 「起立-着席運動」のやり方
54 「起立-着席運動」の効果
55 B 呼吸の評価と取り組み
56 ■呼吸機能評価
57 口すぼめ呼吸
58 咳嗽訓練
59 シルベスター法
60 体軸(体幹)捻転法
61 C 発声の評価と取り組み
62 声
63 嚥下体操
64 嚥下体操②
65 嚥下体操③
66 嚥下体操④
67 その他嚥下機能低下を防ぐ練習(アプローチ方法)


100.png

1
101.png

2   RSST(反復唾液嚥下テスト)


  ○目的
   ・30秒間、唾液嚥下を繰り返してもらい、
   ・誤嚥のリスクを簡易的に評価する。
  ○評価
   ・30秒間に3回以上嚥下できたら場合、正常とする。
   ・2回以下の場合は要注意で、嚥下障害を疑う。
  ○方法
   ・肩の力を抜いて自然に座ってもらう。
   ・喉頭隆起(喉仏)・舌骨に人差指と中指の
    腹を軽くあて、30秒間 唾液を飲み込んでもらう。
    被験者には「できるだけ、何回もゴクンとつばを
    飲み込んでください。」と指示する。
   ・30秒間に嚥下できた回数を記録する。

     参考動画(日本訪問歯科協会口腔ケアチャンネルより 動画時間2:37)

3
103.png

4   前半:基礎知識

  1.コロナ禍における廃用症候群と嚥下障害の関連性
  2.誤嚥性肺炎になりそうな方とは
  3.評価のポイント
  4.摂食嚥下に関する基礎知識
    ・誤嚥性肺炎予防のポイントは咳嗽力の維持にあり!

5
105.png

6
106.png

7
107.png

8   摂食嚥下障害の原因は?

   ・疾患によるもの・老化によるもの

     摂食嚥下障害 ≒ 全身病

9
109.png

10
110.png

11
111.png

12


2.誤嚥性肺炎になりやすそうな人


13
113.png

14
114.png

15   サルコペニアの判断基準

   握力、歩行速度、筋肉量で判断

   ①握力:男性26㎏未満、女性18㎏未満

   ②歩行速度:0.8m/秒以下

   ③筋肉量:「指輪っかテスト」

16   どうしたらわかるの?

    栄養不足・運動不足
        ↓
    筋肉量・筋出力低下
        ↓
    嚥下障害の危険有!

         →どうしたらわかるの?


【次回に続く】
問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。